古森バレエの紹介
About us

当スタジオは、クラシックバレエを基としてレッスンを行っています。
子供達の秘めている芸術的センスを導き出し、バレエを通して音楽性や感性を養い、
心豊かな人間に成長する手助けができればと願っています。

古森美智子(創立者・顧問) メッセージ
私は、人前で顔も上げられないような内気な子供だったので、母が大変心配して日本舞踊を習わせたのがきっかけで、身体を使って自分を表現出来る踊りの世界に足を踏み入れることになりました。

当時はまだ珍しかったバレエをロシア人のスラビナ先生に習いました。福岡女学院卒業後上京し、日本での洋舞の先駆者石井獏氏の門下生となり、漠先生の作品をたくさん踊らせていただきました。

NHK慰問団のメンバーとして戦地におもむいたことは忘れられません。今思えば恐さも若さが吹き飛ばしたのでしょうか、良い思い出ばかりです。

その後オリガ・サファイア女史についてバレエを習得しました。アシスタントとして日劇に教えに行ったりと、自分を表現できる唯一のものはいつも踊ることでした。

1950年から福岡でバレエの指導を始め、国際舞台でも活躍する多くのバレエダンサーが巣立っていきました。

娘も孫もバレエの道に進み、可愛い生徒達、美しい音楽に囲まれて過ごしていられるのは、大好きなバレエを続けてこられたこそと今更ながら母に感謝しています。

生徒さん達にも、バレエが心の支えになって、良き思い出としていつまでも心にのこるようにと願っております。

 
日本バレエ協会北九州支部副支部長等を歴任
1987年福岡市文化賞受賞
現在、福岡市文化連盟顧問

古森美智子バレエスタジオ 略歴
1950年
福岡市内にてバレエの指導を始める
1952年
中央区舞鶴に古森美智子バレエ団研究所設立
1953年
「白鳥の湖」二幕を九州で初演
1973年
「リゼットの恋」全幕を西日本初演
1980年
創立30周年記念「ロミオとジュリエット」全幕公演
1984年
新スタジオ完成
1994年
眠れる森の美女全幕公演
1995年
コッぺリア全幕公演
1996年
白鳥の湖全幕公演

古森美智子バレエスタジオ 出身者紹介
黒沢 貴美子
オランダスキャピーノバレエ団
帰国後大野城市でバレエ教室主催
深草 恭子
キャラバンインターナショナルバレエ団
帰国後谷桃子バレエ団研究所教師を務め、千葉でバレエ教室主催
上杉 貢代
大野一雄氏に舞踏を師事
日本、欧米各地で活躍
坂口 忍
カナダナショナルバレエスクール卒業
アイルランドバレエ、ノルウェー国立バレエ団、スェーデン王立バレエで活躍
佐久間 奈緒
英国ロイヤルバレエ学校卒業
英国バーミンガムバレエ団プリンシパルとして活躍
蓮尾 麻衣
昭和音楽大学バレエ科卒業 バレエ シャンブルウエスト
福岡でバレエ教室主催
岡部 舞
オランダロイヤルコンセルヴァトワール卒業
熊川哲也 K-Ballet Companyで活躍
脇園 絵里子
ロシア国立ワガノアバレエアカデミー卒業
チェコ国立ブルノ歌劇場バレエ団プリンシパルとして活躍中
森 詩織
東京バレエ団で活躍
福田 沙織
ウィーン市立コンセルヴァトワール卒業
チェコ国立モラヴィアーシレジア劇場バレエ団ソリストとして活躍
古森美智子バレエスタジオ教師
仲村 久美子
カンヌ・ロゼラ・ハイタワーバレエスクール チューリッヒバレエスクール卒業
アイルランドバレエで活躍
北山 莉依子
クインテバレエスクール オブ カナダ卒業
アメリカコロンバスダンスシアタで活躍